黒ずみクリームで乳首を美白する方法が人気

 

手軽に自宅で美白ができることから20代の女性に人気となっているのが黒ずみクリームです。

 

ハイドロキノンやトレチノインのように皮膚科などの病院へ行く必要もありません。
市販がされているので自宅からでも購入をすることができます。

 

また、少し前に流行った乳首のピンククリームと呼ばれる、パウダーを付着させるのではなく、美白をする為の化粧品となります。
そのため、手軽に自宅で美白できるので人気のある方法となっているのですね。

 

特に最近は医薬部外品となっているクリームが市販されており、中には医学誌で掲載されたことがあるものもあります。
安心をして利用をすることができるので、黒ずみクリームは20代の女性の利用者が増えているのですね。

 

乳首の黒ずみクリームの3つのメリット!自宅で美白したい人に人気の理由

 

乳首に黒ずみクリームを使うメリットとしては下記の3種類があります。

 

  • 副作用の心配がない
  • 公的機関から認められる美白成分
  • 手間がかからない

 

ハイドロキノンのような薬と比べ、肌への刺激を抑えた成分が配合されています。

 

そのため、乳輪が大きくなってしまったり、白斑と呼ばれる症状に悩まされる副作用はありません。
普通の化粧品と同じように乳首にも使うことができるのですね。

 

また、医薬部外品となってることからも分かるように、きちんと美白効果があるとされている成分が含まれています。

 

安全に自宅でしっかりと美白ケアができるのが黒ずみクリームのメリットなのですね。

 

乳首の黒ずみクリームの効果!どれぐらいで効き目を感じる?

 

効果を感じるまでの期間は一般的な化粧品と同じように人それぞれとなります。

 

2週間ほどで効き目を感じ始めたと書かれた口コミも多いのですが、ピンクにするまで利用したいというのであれば最低でも3ヶ月は利用をした方が良いです。美白は肌のターンオーバーによって色素沈着した皮膚を剥がし、新しい皮膚を作りだすのが目的となるのですが、ターンオーバーが起きるまでには早い人で28日周期といわれています。

 

加齢と共に代謝も崩れ、20代を過ぎた頃からだんだんとターンオーバーの周期も乱れがちとなります。
職場などでのストレスや飲酒による食生活の悪化も肌の状態の悪化の原因となります。

 

そのため、乳首をピンクにするのであれば最低でも3ヶ月は利用をした方が良いです。
人によって効果もそれぞれとなるので、満足する効果がでるまでに半年かかることもあります。

 

比較的美白効果を実感するようになるまでには早い方法となるのですが、即日にピンクになんて効果はありません。

 

薬局やドラッグストアで市販されてる?黒ずみクリームの販売店舗

 

黒ずみクリームを薬局やドラッグストアで購入したいって人も多いかと思います。
しかし、ほとんど市販がされていることはありません。

 

理由としてはデリケートな部位に使う為の化粧品であるからです。
乳首の色を美白することは他人だけでなく、家族にもあまり知られたくないことです。

 

薬局やドラッグストアだと他人に購入をするのを見られてしまうこともあります。
見つからなければ店員に「乳首の黒ずみクリームどこに置いてありますか?」なんてさすがに聞きづらい人が多いです。

 

そのため、あまり店頭での市販をせず、通販限定での取り扱いをしているのが多いのですね。

 

また、最近では化粧品を通販で購入する人が非常に多いため、公式の通販サイトのみで販売をしているお店も多いです。
通販にすることで人件費や営業コストなどを安くして、商品の価格を抑えることができますからね。

 

黒ずみクリームの選び方として大事なのが浸透する成分

 

乳首の黒ずみの原因となっているメラニンは角質層の奥の方にあるメラノサイトで作られています。そのため、乳首の皮膚の奥の方まで色素沈着をしてしまっています。

 

美白が目的となると美白成分のみに目がいきがちとなってしまうのですが、肌の奥深くまで浸透する成分が配合されていなければならないのですね。

 

美白成分と浸透力のある成分の2つが効果を早く感じたいのであればかかせないのです、
乳首をピンクにする為にクリームを利用する際は浸透力、美白成分の2つが配合されているかしっかりと化粧品の販売サイトなどを確認するようにしましょう。

 

トップへ戻る