肌の漂白剤とも呼ばれるハイドロキノンとトレチノインで美白

 

産後の妊婦や本気で黒ずみをどうにかしたい20代に人気の美白がハイドロキノンとトレチノインを使った方法です。

 

ハイドロキノンは別名で肌の漂白剤とも呼ばれ、トレチノインと一緒に使うことで効果があります。
黒ずみの原因となるメラノサイトへハイドロキノンが働きかけ、すでに色素沈着している古い角質をトレチノインが排出をします。

 

日本人であれば生まれた頃から乳首の色が黒いなんて女性はまずいません。
小学生や中学生の頃には黒かった人でも赤ちゃんの頃はきれいなピンクをしていたりします。

 

そのため、ハイドロキノンとトレチノインで色素沈着の原因を解消することで、乳首が黒いのを解消することができるのですね。

 

しかし、この2つは副作用があったりと薬局やドラッグストアで市販がされている訳ではありません。
そのため、取り扱いなど注意をしなければならない点がいくつかあります。

 

乳首の黒ずみをどうにかしたいと考えている人で薬を使って美白をしていきたいって人はご覧ください。

 

ハイドロキノンとトレチノインは副作用があり!使い方には注意が必要

 

ハイドロキノンとトレチノインを使う際には必ず使用量を守らなければなりません。
また、乳首の範囲からはみ出して塗らないように気お付ける必用があります。

 

日本では医者の判断無しで販売することができない理由となっているのは肌への刺激が凄く強い為です。

 

たくさんの量を付けてしまうと刺激から更に色が黒くなってしまうこともあります。
肌に刺激を与えることで体内でたくさんのメラニンが作られて分泌がされてしまうので皮膚に色素沈着をしてしまいます。

 

また、はみ出して塗ることで肌荒れを起こしてしまったり、肌色のバストの部分が白くなってしまうことがあります。

 

とても強い刺激の薬品となる為、どの量であれば安全といった明確な量はありません。
人にもよって異なってきます。

 

刺激が強すぎると乳輪が大きくなってしまうこともあり、最近では人気が無くなってきてる方法です。
毎日肌への刺激を考えながら使う量を減らしたり、休む日などを決めて今日は何も付けないなど自分で調整をしなければなりません。

 

優れた効果がありますが、色が黒くなったり乳輪が大きくなったりなどの副作用があらわれる人も多いのであまり利用したがらない人が多いです。

 

ハイドロキノンの販売店舗!薬局・病院・ドラッグストアの市販状況

 

この2つのクリームを購入する方法としては2種類あります。

 

  • 病院で処方をしてもらう
  • 輸入代行業者に海外から仕入れて貰う

 

副作用もあり劇薬となっている為に、薬局やドラッグストアで販売がしてはいけない劇薬です。
そのため、皮膚科や産婦人科で処方をしてもらう人が多いです。

 

乳首の色をピンクにしたいからといっても簡単に処方をして貰える訳ではなく、多くが出産経験者となります。
妊娠をすると色が黒くなってしまうので、出産後に産婦人科へ行く事で処方をして貰えることも多いのですね。

 

輸入代行業者でハイドロキノンの購入はおすすめしない!

 

皮膚科などの病院へ行かずに購入する方法として輸入代行業者があります。
しかし、あまりおすすめすることができない方法です。

 

あくまでこの2つに関しては日本で販売が禁止されているのであって使用が禁止されている訳ではありません。

 

世界で探せば薬局で購入できる国もあります。
そのため、海外から個人が購入をして持ち込む分には問題がないのですね。

 

しかし、海外に購入しに行く事もできない人がほとんどなので、その為にビジネスのひとつとして生まれたのが輸入代行業者です。
あくまで個人に変わりに買い付けにいく名目で、変わりに輸入をして販売をしています。

 

法律のグレーな部分といったところでしょうか!?
その為、通販で購入するのと同じように輸入代行業者のWEBサイトで簡単に購入ができます。

 

まとめ

 

絶対に忘れてはいけないのがハイドロキノンとトレチノインは日本では医者の許可なしで販売がしてはいけない劇薬であること。
リスクが高く乳輪が大きくなってしまい後悔している人も多いです。

 

片方だけサイズが変わってしまうこともあります。
副作用があるのを理解した上で使うようにしてください。

 

ハイドロキノンとトレチノインの副作用があらわれてからでは後悔しても元に戻すことはできないので、リスクが非常に高い方法となります。

 

安全に乳首をピンクにする方法もあるので、副作用がちょっとでも心配であれば他の方法を利用しましょう。
他の方法でもピンクにする効果を感じている人はたくさんいます。

 

最近ではリスクのない方法を試している人の方が多いのではないかと思います。
他の方法については別の記事で紹介しています。

 

トップへ戻る